真田紐

桐箱に結ばれた正絹の真田紐のリボンは、「お裁縫箱を帯に見立てて真田紐の帯締めをするってどうやろう?」、という着物の町にある糸六の女将らしいアイデアから生まれました。
真田紐は伸びにくく、とても丈夫。刀でさえ切ることが出来なかったと言われる織物です。職人さんによると、真田紐の持つ強さは、縦糸と横糸がきっちり折り重なった織物であるからこそ生まれるもので、その織りは強い絆を表しているのだそうです。
そんな真田紐の強く縁起の良い結びの力を、帯留め風のリボンに込めて桐箱に添えました。子どもから大人まで、そしてお孫さんからお嬢様まで、ずっとお手元に置いていただいて、上質で愛着の湧くお裁縫箱に仕上げました。
アクセントとなる真田紐の色は、表面がピンクで裏面がグレーのツートンカラーのものは限定数のお取り扱いとなります。売り切れの場合はご容赦ください。ピンク、ブルー、グリーンの3色は常時お選びいただけます。

このウィンドウを閉じる